lll

▼ゴッドハンド・神の手は存在しません
SNSなどが普及したことで
「一撃で五十肩を治す」
「どこに行っても治らない腰痛を一回で治す」など
誇大な文言を多く見かけるようになりました

「辛い痛み」や「苦しみ」から逃れたく、
そのような文言に惹かれてしまいます

しかし、ゴッドハンドや、神の手というものは存在しません

大切なことは、施術者を大きく見せる言葉よりも
「正しい医学知識と経験」
「研鑽を重ねた優れた技術」だと思っています

それからもう一つ大切なこと
ご自身の「日常生活の見直し」が体を回復させていきます

『どうぞ鍼灸治療は
どんな症状も1、2回で治ってしまう
神秘な治療と思わぬようご来院ください☺︎』

▼何回くらい治療を受ければ治りますか?
「治療回数」と「治療頻度」について、質問をもらうことがあります

下記の理由で、
同じような症状であっても、個個人によって大きな差が出てきます

●発症してからどのくらい時間が経っているか
 (発症してから時間の経過が長いほど、治すのは難しい)

●症状の程度
 (急性期or慢性期なのか / 軽症or重症なのか)

●同じような痛みでも経過が変わる(筋肉だけの問題? 骨絡みの問題?(ヘルニアなど) 内臓の問題?)

●体質改善(肝機能・血糖値・関節リウマチ・婦人科症状の改善)は、6ヶ月〜1年ほどかけて治療していきます

▼治療回数の目安
●上半身

寝違え 1〜3回

四十肩・五十肩(肩関節周囲炎・凍結肩)
発症間もない 5〜10回
(痛みが強いものは1、2回で痛みは取り切れません。しかし鍼灸を施すことで痛みは圧倒的に無くなっていきます)
発症から数ヶ月・数年経過 それ以上かかります

背中の痛み
ぎっくり背中 1〜3回
慢性の背部痛 5回〜

突発性難聴 3〜5回

耳鳴り
発症間もない 3〜5回
何年も続く耳鳴り 10回〜

頭痛 1〜3回

目まい
疲れからの一過性 3回〜
何年も続く目まい 10回〜

顔面神経麻痺
発症間もない 5回〜
数ヶ月・数年経過の麻痺 6ヶ月〜

肋間神経痛
鋭い痛みが取れるまで 3回〜
完治(完全に忘れ去るまで) 3ヶ月〜

指・手首の腱鞘炎 3〜5回

顎関節症 5回〜

●下半身

ぎっくり腰 1〜3回
※坐骨神経痛が併発している場合はもう少しかかります

慢性腰痛(長年の腰痛) 5回〜

坐骨神経痛 8回〜

足底腱膜炎(足底筋膜炎) 3回〜

●その他

不眠
発症間もない 5〜10回
数ヶ月・数年経過 10回〜